金型産業

  • page print
  • page download
投資環境と支援政策
5大主力産業との前後方連携効果 : 自動車・電子・光産業の発展に伴う金型需要の増加
産業インフラの構築により成長基盤を固める
  • 地域革新特性化事業としてTry-out Centerの建設、SOCの拡充により輸出物量のスムーズな処理が可能
金型設計、金型用特殊鋼素材の熱処理、表面処理(メッキ)など関連産業の活性化
安定した地域需要
  • 起亜自動車、サムスン電子、LGイノテックなど光州地域に大企業が拠点構築
金型集積化団地の造成
  • 研究開発から受注、加工、納品まで一括生産体制の構築
  • 規模 : 169,704㎡(5万1,000坪)
支援成果
支援成果
区分 2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年
売上高 (億ウォン) 3,509 4,661 8,001 9,319 9,895 10,865 11,839 12,065 12,199
雇用者数(人) 1,753 2,158 4,099 4,254 4,399 4,462 4,517 4,725 4,726
企業数(社) 97 97 266 305 306 311 315 319 321
支援インフラ
韓国生産技術研究院 光州研究センター
  • 研究開発 : 精密金型のコア技術(高速金型、金型寿命の延長など)
  • 人材育成 : CAD/CAMの専門人材育成事業、創業インキュベーションセンター支援
  • 企業支援 : 試作品製作支援、企業経営の合理化、設備の構築・支援
光州金型産業振興会、中小企業振興公団
  • 海外バイヤーの招待、輸出商談会の実施、展示会などへの派遣
  • 金型品質保証業務の遂行、技能系人材の再教育と新規人材の育成
重点推進政策
高付加価値金型産業における技能系人材の再教育事業(’06. 8 ~ ’11. 7 / 約2億1,600万円)
  • 統合的な教育協力体系の構築、教育基盤施設の共有、現場密着型教育支援による高付加価値技術人材の育成
  • 教材開発、教育プログラムの運営、現場訪問教育・現場技術指導、短期課程・技術動向セミナーの開催など
自動車部品金型技術支援事業(’09. 1 ~ ’13. 2 / 約2億9,200万円)
  • 金型技術支援を通じ、金型産業と自動車産業の共同発展に寄与
  • 金型設計・開発・加工支援、特許・認証獲得支援、金型関連情報の提供など
グローバル・グリーン・モールドメッカ育成事業(’10. 7 ~ ’13. 4 / 約9億5,000万円)
  • 企業の成長段階に合わせたパッケージ型支援(企業診断、技術指導、連携支援など)
  • グローバルマーケティング(国内外マーケティング活動の促進、市場開拓チームの派遣支援など)
  • 技術開発事業(開発技術の製品化、開発成果の拡散と共有など)
High-Tech Mold センター構築事業(’11. 3 ~ ’14. 3 / 約32億2,000万円)
  • 高付加価値な金型製作のためのハイテク金型センターの構築
  • 試作品製作、試験評価、金型技術開発のための装備構築

担当課 : 戦略産業本部 自動車産業課

電話 : +82-62-613-3931