文化コンテンツ産業

  • page print
  • page download

概要

文化の世紀と呼ばれる21世紀は、文化が産業になる時代です。光州は古くから、許百鍊(号は毅齋)、パンソリ(韓国の伝統唱劇)の巨匠で名唱と呼ばれる林芳蔚など数多くの芸術家を輩出し、様々な文化コンテンツを享有して生み出してきた「芸郷」の都市です。このような文化的背景を基盤として光州をアジアの文化中心都市として育成するための国家プロジェクトが進行中で、高付加価値文化コンテンツを発掘育成する政策が進められています。また、韓国コンテンツ振興院、韓国文化芸術委員会など文化芸術関連の公共機関がピッカラム(光の川)革新都市に移転されるなど、近いうちに光州は「文化コンテンツ産業都市のモデル」として新たな出発をすることになるでしょう。

投資環境およびサポート政策
  • 「芸郷」の伝統を活かしたアジアの文化中心都市造成事業
  • 道庁移転に伴う都市活性化対策: 錦南路プロジェクト、忠壯路特化通りなどの推進
  • 国際的な文化・芸術イベントの育成政策 : 光州ビエンナーレ、キムチ祭り、林芳蔚国楽祭など
  • 文化・芸術インフラの拡充 : ビエンナーレ館、野外音楽堂、美術館などの建設により公演・美術文化享有の機会拡大
  • 重点育成分野 : コンピュータ形成イメージ(CGI)製作、HD放送・映像コンテンツ、ゲーム産業など
インフラ
  • (財)光州情報・文化産業振興院:情報技術、文化コンテンツなど情報通信および文化産業の支援・育成
    - コンピューター形成イメージ産業育成基盤の構築、専門人材の養成事業など
  • 光州コンテンツ産業支援センター : 高付加価値コンテンツ産業の振興および発展(入居空間および設備支援)
  • 光州映像複合文化舘:映像、キャラクター、デザインなどの文化産業の育成およびサポート
  • 光州マルチメディア技術支援センター : デジタル映像デザイン技術のサポートセンター
進行中の事業
  • 国立アジア文化殿堂の開館(2015.11.25)
    - 規模/施設 : 120,075㎡/ 民主平和交流院、アジア文化情報院、文化創造院、アジア芸術劇場、子供文化院など
  • 3Dコンテンツメディア産業の活性化事業('15 ~'19 / 1,175億ウォン
    - 規模/事業内容:52,139㎡/創造コンテンツ制作支援センターの設立、創造コンテンツ流通交流センターの設立、3D創造コンテンツ体験

担当課 : 文化観光政策室 文化産業課

電話 : +82-62-613-2462