光産業

  • page print
  • page download

概要

光産業とは、光を生成・制御することで情報を保存したり伝達するために必要な部品、素材、装備、システムを包括する産業です。
960年代の光を生成する技術(LED、レーザー)から始まり、1980年代以降に光を制御、活用する技術が開発されたことにより産業化されました。1990年代以降は光繊維の発明によって光通信産業が台頭し、2000年代に入りLED、太陽光産業などに拡大されつつあります。
光産業は従来の産業との融合・複合を通じて韓国の産業に新たな活路をもたらす核心新成長エンジン産業で、科学的集中度が非常に高い科学基盤産業であり、光産業の発展なしに未来社会の実現は不可能だといえるほど重要です。また、新技術を持つ中小企業がリードする中小企業型の産業分野です。
光州市は2000年から光産業を地域戦略産業の振興の一環として育成、先端科学産業団地を中心に、産学研の機能が集積化された国際的な光産業クラスターを構築しました。

投資環境およびサポート政策
  • 2020年に世界上位3位以内の光産業大国として飛躍することを目標に集中育成
  • 産・学・研の連携機能が複合する国内唯一の光産業クラスターの構築
  • 共同ブランドLUXKOの開発、光州共同商標MIGの開発、国際光産業展示会の開催
  • 国費による支援事業を持続的に推進し、従来の主力産業と対等な競争力を確保
  • R&Dインフラの構築 : 関連産業分野の公共研究機関の設立および基盤施設の整備
  • 技術開発サポート: 企業に対する公募方式で研究課題を選定
  • 生産基盤の構築 : 公用可能な設備の整備
  • 人材養成および誘致(現場実務型技術人材の養成および海外の優秀な人材の誘致)
  • 集積化団地の造成 : 光産業集積化団地(26万㎡)、LEDバレー(31万㎡)
サポート成果

光産業は、自動車・家電産業に続く光州の3大主力産業として確固たる地位を確立

  • Technologyインフラ
    韓国光技術院をはじめ高等光技術研究所、電子部品研究院、韓国生産技術研究院湖南本部、ETRI(韓国電子通信研究院)湖南センター、韓国光産業振興会など国の光産業発展推進機関を集積化
  • Humanインフラ
    韓国光技術院など光専門研究機関の専門研究人材(580人以上)が常駐
    現場人材輩出のための大学院~工業高校の人材養成システムの構築および専攻学科の運営により人材を輩出
  • Landインフラ : 光産業集積化団地(26万㎡)とLEDバレー(31万㎡)を造成、300社余りを集積化
重点推進政策
  • 光基盤の融合・複合産業および光基盤の新成長エンジン産業の育成
    - 湖南圏(全羅道地域)の広域経済圏をリードする産業を通して、光応用センサー・通信システム、光融合部品・機器、一般/産業用照明、融合・複合照明、素材中心の太陽光産業など光を基盤とする融合・複合技術を開発
    - 新成長エンジン産業として光分野の3D融合産業を育成することにより製品の商用化、企業支援サービスを強化
  • 光通信、LEDなど主力分野の高度化
    LED融合産業のハブ構築事業、LED照明実証団地の造成・運営、LED光素子のグランドコンソーシアム、
    LEDシステム照明の技術開発、光州の産業基盤であるIT融合技術の生産サポートのための基盤構築などを推進
  • 次世代の有望分野(超精密光学、レーザー、OLEDなど)の発掘・育成
    赤外線光学レンズの技術開発および産業化に対するサポート、夜間透視カメラ用赤外線光学レンズのカルコゲン化物ガラスの開発、産業用レーザーの核心部品・モジュール技術に対するサポートの基盤構築、OLED照明の育成事業などを推進
  • 企業サポートの高度化
    光産業技術力向上事業、現場オーダーメード型の専門人材養成、国内外における試験・認証の強化およびサポート、光融合・複合技術の事業化サポート、LED産業の競争力強化サポート、国際光産業展示会の開催

担当課 : 経済産業局 戦略産業課

電話 : +82-62-613-3821