両替/送金

  • page print
  • page download

外貨の両替

外貨の両替時には、パスポートまたは外国人登録証が必要です。ほとんどの銀行で両替できますが、銀行ごとに両替手数料が異なります。
通常、預金や貸出口座のあるメインバンクで両替すると、為替レートの優遇を受けることができます。
各銀行の特化サービスをこまめにチェックすると、手数料が節約に役立つでしょう。
また、インターネットで両替すると50~70%まで手数料が安くなります。

海外送金

支給証憑書類未提出送金、海外留学生送金、海外滞在費送金、海外移住費送金、その他用途別に支給確認が必要な送金 (輸出入代金、資本取引送金など)などがあります。

海外送金の手続
電信送金(T/T)
現在、ほとんどの海外送金は電信為替で行われていて、受取人が取引している海外の銀行に電信文の発送と同時に送金されるため、速やかに行われます。
郵便送金(D/D、Check)
郵便を使って送金する郵便送金と、送金小切手を発行して海外の受取人に直接発送する方法があります。 電信送金より手数料は安いですが小切手紛失などのリスクがあり、時間がかかります。
海外へ送金するとき
取引する外国為替銀行を指定した後、海外送金が可能です。
送金受取人に関する正確な情報が記載されないと、正確な送金ができません。
送金申込みの際に必要な情報は、英語で記載しなければなりません。
送金を受け取る銀行と国によって異なりますが、送金人・受取人に関する正確な情報で送金した場合、2~3日(銀行営業日基準)で受取人が受け取ることができます。
送金後問題が発生した際に連絡が必要となるため、送金人の連絡可能な電話番号を銀行に知らせておく必要があります。
キューバ、北朝鮮、イラク、イラン、ミャンマー、スーダン、シリア、リベリアなどアメリカが制裁している資産凍結制裁国には送金できません。
海外送金の際に必要な書類
支給申込書
パスポートまたは外国人登録証、運転免許証など本人確認ができるもの
取引外国為替銀行指定(変更)申込書
送金事由と金額を証明できる書類など
海外から送金を受ける時 海外から送金してもらう時には、送金する人に以下の情報を正確に知らせる必要があります
送金受取人の氏名、電話、口座番号
送金を受け取る銀行の英語名 例)WOORI BANK 000Branch,

口座番号と送金受取人の氏名が一致しなければなりません。
口座番号がない場合は、送金受取人の正確な氏名と本人確認に必要な住民登録番号(外国人登録番号)、パスポート番号、訪問しやすい支店名などの情報を送金する人に知らせます。当該営業店で本人確認後に支払われます。
国や銀行の事情によって異なりますが、送金後2~3日(銀行営業日)後に送金額を受け取ることができます。
米ドル2万ドル相当額以下の金額については、用途確認・証明書類なしで支払われますが、米ドル2万ドル相当を超える金額については、取引証明書類が必要です。

担当課 : 企画管理室 税政担当官

電話 : +82-62-613-2522