国際結婚と帰化

  • page print
  • page download

国際結婚

韓国人と外国人が結婚することをいいます。
結婚式を韓国で挙げるか外国で挙げるかに関係なく、結婚したことを証明する公証済みの結婚証明書が必要です(外国語の場合は韓国語に翻訳しなければなりません)。
夫・妻がともに二重結婚でないことを証明するために、韓国人の場合は「家族関係登録簿」、外国人の場合はそれに該当する証明書が必要です(外国語の場合は韓国語に翻訳しなければなりません)。
また、証人として両名の結婚事実について確認できる韓国人2名の署名を必要とします。
上記の書類を韓国人の住所地がある区庁に提出すると、約3~4日後に婚姻手続が完了します。

帰化手続

韓国人と結婚した外国人が韓国国籍を取得する手続きです。結婚後に発行されるF2-1(同居)ビザによって1年の在留期間が与えられます。このビザの最低延長期間は1年で、2年まで延長可能です。,
国籍申請は1998年6月に改訂された国籍法により、結婚後2年間韓国に続けて在留するか、韓国人の配偶者と婚姻後3年が経過し婚姻した状態で韓国に1年以上続けて居住して法務部(部は省に相当)長官に帰化申請をすれば、所定の試験を経て韓国国籍が取得できます。また、韓国では二重国籍は認められていないため、韓国国籍を取得した場合には6か月以内に以前の国籍放棄申請をしなければなりません。

子の国籍取得

改定された国籍法によって、子は片親が韓国国籍を持っていれば自動的に韓国国籍が取得できる。しかし、国籍をただちに決めることが難しい場合は、子が成長し18歳になる前に国籍を選択することができます。父親が韓国国籍を所持していなくても、子の教育や医療保険の適用に問題はありません。

結婚および出生届の手続

外国人が韓国人と結婚したり、国内法に則って外国国籍を所得した場合は国内法に従い、外国人父母の間に子が産まれたり死亡した場合には自国の大使館に申請しなければなりません。

申請期間および提出書類
出生届 : 事由発生日から30日以内。パスポート、出生証明書
死亡届 : 死亡日から14日以内。外国人登録証、死亡診断書
結婚: パスポート、外国人登録証、申請事由証明資料
留意点
滞在資格別に必要な書類が異なるため、あらかじめ電話で問い合わせる必要があります。

担当課 : 自治行政局 自治行政課

電話 : +82-62-613-2913 (2913)