ニュース

  • page print
  • page download

南光州夜列車夜市新たに正式オープン

2016-11-28 관리자
南光州夜列車夜市新たに正式オープン
-毎週金、土曜日午後6〜11時まで運営
-早朝市場から「夜列車夜市」に改装
-光州市、周辺観光資源連携コース開発・便宜施設拡充

南光州市場が「南光州夜列車夜市」として改装して、正式オープンした。

3週間の試験運営期間、一日最大1万人が集まり成功を予感させた南光州夜市は、昔の思い出を思い出す見どころと、風変わりな食べ物で市民が喜んで訪ねることができる空間として生まれ変わる見通しだ。

かつての南光州市場は、光州の朝を開くところで、光州市民だけでなく、和順、羅州、宝城など、近隣の地域住民まで早朝の列車に乗って訪れた代表的な朝市であったが、今や「南光州夜列車夜市」という名前で再び生まれることになる。

最近、光州は大仁芸術南光州市場、1913松汀駅市場など伝統市場の成功事例を作った。特に老朽化した伝統市場を変えたのは巨大資本ではなく、青年たちの夢だったという点が目を引く。

光州市は、伝統市場固有の魅力と共に、青年商人らの個性と創造性が加わった南光州夜列車夜市が老朽化した伝統市場に活気を吹き込む活力要素となるものと期待している。

これまで、南光州夜市のコンセプトと方向を設定するために開かれた第4回専門家会議を主宰するなど、大きな関心を見せてきた尹壮鉉(ユン・チャンヒョン)市長は「外地観光客受け入れのために周囲の青い道と楊林洞近代歴史文化村、東明洞カフェ村まで連携した観光コース開発、便宜設備拡充が必要」とし、「このために区と持続的に協議していく」と述べた。
南光州夜列車夜市新たに正式オープン
  • 전체게시물(85) / 전체페이지(6)

처음 목록 1 2 3 4 5 6 마지막 목록