ニュース

  • page print
  • page download

光州湖生態タウン秋の花ハンマダン祭り開催

2016-09-22 관리자
光州湖生態タウン秋の花ハンマダン祭り開催

十五夜月光光州市響オーケストラのクラシックの旋律と共にする
光州湖生態タウン秋の花ハンマダン祭り開催

- 光州月光オーケストラ公演、ゴザ弁当植木鉢作り体験など多彩
- 光州市、住民と共に文化芸術・観光が調和した祭りとして特化計画
(公園緑地課、613-4210)


○光州広域市は来る10月14日から23日まで光州湖湖水生態園一帯で湖のススキと秋の菊が調和して、十五夜の月光の下でクラシックの旋律に酔うなど、見て、聞いて、感じて、体験して、食べ物がある光州生態タウン秋の花ハンマダン祭りの饗宴が繰り広げられると発表した。

○今回の祭りは市で生産した菊3万本余りで庭園を造成し、村共同体のマルバヤナギ音楽祭と南道楼亭祭り、忠孝陶芸祭り、市立交響楽団の公演などが繰り広げられ、忠孝洞婦女会を中心に特産品販売、食品市場が運営される。

○秋の花展示は「花でスイカパーティー!」というテーマで無等山スイカを憩いの場に形象化した象徴庭園、秋の思い出庭園、コミュニティ庭園、アップサイクル庭園など6つのゾーンで生態園のイメージに似合うカヤツリグサ類・ハーブ類・菊類で構成される。

また、水辺ススキ園を補強して秋の生態の自然の情趣を満喫できるように1万平方メートル余りの急斜面にあるシベリアノギク園、コスモス園とそば園を造成した。

○秋の思い出庭園は思い出の教室、放課後の遊び、秋の手紙などでは罰で立たされている教室の様子、塀の向こうで柿を取る姿、荷車に乗る姿を草花類と小物を飾ってストーリー化し、子供のときの思い出と郷愁を再確認できるように見どころ作品が設置されている。

○アップサイクル庭園は廃品をリサイクルしてエコ素材と花を活用して庭園を演出し、作品を芸術化して季節ごとに育てることによって持続可能な庭園の方向を披露する計画だ。

○文化芸術の主要プログラムでは市立芸術団の公演、マルバヤナギ音楽祭、生態映画の上映など多様なジャンルの文化芸術公演を楽しむことができる。

○秋の花ハンマダン祭り期間中に市立国劇団公演(10月14日)、南道楼亭祭り開幕行事(10月15日~16日)、市立管弦楽団演奏(10月15日)、無等山粉青沙器陶芸祭り(10月14~23日)、マルバヤナギ音楽祭(10月22日)など複合ジャンルの多様な公演が行なわれる。

また、庭園文化と連携して10月16日午後6時にマルバヤナギのそばで生態映画も無料で上映する。

○特に、光州市は毎年春の花・秋の花ハンマダン祭りで光州市立交響楽団の定期演奏を開催することにし、今年は10月15日午後6時30分に湖水生態園の観察台で湖の水と十五夜の月の情趣を活かして「第1回光州湖月光オーケストラ」定期公演を推進する。

○生態園内の現場体験はゴザ弁当植木鉢作り体験、地質構造作り、陶磁器作りなどの現場体験と忠孝村の特産品販売と食品市場が開設される。

○私だけの地質構造作り体験行事は子供たちの生態園の生態学習、地球・環境に関する映像教育、地質構造を試演する体験などが行なわれる。

○ゴザ弁当植木鉢作り体験はゴザの上で恋人同士、または家族で弁当植木鉢に庭園を入れて作る体験だ。10月15~16日、22日~23日午後3時~4時、材料は無料で提供し、現場受付先着順30チームで進める。(ゴザを持参すること/プルン都市事業所613-7892)

○光州市の関係者は「光州湖生態タウン春の花・秋の花ハンマダン祭りが無等山圏湖生態園の光州ならではの特化した高品格観光資源に定着するように特化していく計画だ」として、「市民の大いなる関心と参加を望む」と話した。
光州湖生態タウン秋の花ハンマダン祭り開催
  • 전체게시물(85) / 전체페이지(6)

처음 목록 1 2 3 4 5 6 마지막 목록